眠るあの子にハメてみた jyomのエロ漫画 無料試し読み・ネタバレ【寝ている無防備な幼馴染に睡眠姦!】

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ! 幼馴染

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

jyomさんの漫画。眠る幼馴染にこっそりエッチな悪戯をする、睡眠姦エロ漫画です。

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

▼ここから無料試し読み▼

眠るあの子にハメてみた
無料試し読みする

眠るあの子にハメてみたのネタバレ

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

眠るあの子にハメてみたのネタバレ内容。

叶多の幼馴染の立花愛実は、無自覚・無防備な女の子。

今日も学校に登校する際にブラを付け忘れていた。

叶多が胸が小さくても着けないとダメだと、愛実のおっぱいを揉みながら注意しても、くすぐったそうに無邪気に笑うだけのリアクションが返ってくる。

胸元のボタンも開けすぎだし、スカートも短い。

女の子なんだから、もう少し考えてと言っても、分かってるのか分かってないのか軽い返事を返すだけ。

そんなある日、愛実が今日は兄が夜勤でいないから家に泊まっていかないかと学校で話しかけてきた。

端から見たら誘ってるように見えないセリフだけど、愛実は兄が居ないから叶多に代わりに起こして貰いたいようだ。

人の気も知らないで可愛らしい表情で誘ってくる愛実に負けて、叶多は家に泊まりに行くことにした。

お風呂から上がると、叶多より先に入浴を済ませてリビングに居たはずの愛実の姿が見えなかった。

彼女の自室に行くと、愛実は気持ちよさそうにスヤスヤ眠っていた。

無防備な姿に、襲われても文句は言えないだろう…。と思った叶多は、ちょっと悪戯してみることにした。

ショートパンツ姿の愛実の太ももを撫でて、裾から下腹部に手を入れて刺激する。

しかし、愛実は目を覚まさない。

今度は指を膣内に挿入して、指マンを始める。

「ふぁっ あっ あっ…」

愛実はビクンと身体を震わせて、小さな喘ぎ声を漏らした。

指を抜くと指先が愛液でトロトロになっていた。

「起きない愛実が悪いよ…」

無防備な愛実にそう囁いて、叶多は愛実の胸に手をやり、乳首を舐め回す。

「んっ…!」

(乳首…すごい勃ってる…)

それでも起きない幼馴染の姿を見て、今度はクンニで愛実の小さなクリトリスを舐める。

これだけやっても起きない愛実。

「じゃあ…これは流石に…目が覚めるよね?」

叶多は、勃起した肉棒を取り出して、寝ている愛実に挿入した。

「いぅっ…」

一瞬、挿入の刺激で愛実が表情を歪める。

しかし、中まで挿れてるのに全く目を覚まさない。

「…か…なた…。かな…たぁ」

このタイミングで叶多の名前を呼ぶ愛実の姿をみて、SEXが止められなくなった。

激しく腰を動かすと愛実の中がきゅんきゅんに締め付けてくる。

「あっ あぅ…」

「あぁうっ…」

(あぁ…俺…今…愛実とセックスしてる)

(セックスしてるんだ!!)

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

眠るあの子にハメてみた
▼この続きは本編で▼

眠るあの子にハメてみた
続きを読む

眠るあの子にハメてみたの感想

jyom「眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!」の感想

無自覚、無防備な幼馴染の女の子が寝てる間にSEXしてしまう、幼馴染睡眠姦エロ漫画です。

絵が綺麗で無防備であどけない幼馴染の女の子が可愛いです!

ヒロインは幼馴染の気持ちに無自覚で、全然男女を意識してない感じですが、男の子の方が幼馴染を女性として意識している関係性が良いですね。

ここまでSEXしていて、全く起きない幼馴染みもすごいと思いますがw

眠りながらも身体は反応して感じてしまう姿がエロ可愛かったです!

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

眠るあの子にハメてみた
▼作品はこちらから▼

眠るあの子にハメてみた
漫画を読む

眠るあの子にハメてみたの作品情報

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

作品名

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

作者

jyom

ジャンル

幼馴染・JK・睡眠姦・睡姦・貧乳

あらすじ

幼馴染の愛実は、ノーブラ&パンツ丸見えでも気にしない無防備な女の子。

そんな幼馴染みに密かに想いを寄せる叶多。

ある日、愛実の兄が夜勤で留守になり家に泊まることになった。

無防備に眠る愛実の姿をみた叶多は、悪戯心が芽生えて、眠る幼馴染に手マンを初める―。

眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!

眠るあの子にハメてみた
▼購入・販売サイトはこちら▼

眠るあの子にハメてみた
無料立ち読み