僕の異世界ハーレム エロ漫画の無料試し読み・ネタバレ【巨乳エルフ・サキュバス・人間とハーレムH!】弥美津峠(鳳まひろ)

僕の異世界ハーレム ハーレム

僕の異世界ハーレム

弥美津峠(鳳まひろ)さんの同人誌。異世界転移した主人公がエルフ・サキュバス・人間の巨乳美女達とハーレム生活を送る、異世界ハーレムエロ漫画です。

僕の異世界ハーレム

▼ここから無料試し読み▼

僕の異世界ハーレム
無料試し読みする

僕の異世界ハーレムのネタバレと画像

僕の異世界ハーレム

僕の異世界ハーレムのネタバレと画像紹介。

多田野一郎は、ファンタジーを愛し、異世界系の小説家を目指してるオタク。

とある給料日に、ファンタジー関連の商品を買い求めている途中で、悪魔っ娘コスプレをした可愛い女の子に新作アプリの無料ガチャチケットをもらった。

小説の資料集めがてらにそのアプリを起動させると、スマホの画面が光り出して体がスマホの中に引きずり込まれた。

気がつけば、そこは異世界。

2人組の女の子がドラゴンに襲われて逃げている所だった。

異世界転移に憧れていた一郎は、本物のドラゴンに大喜びして抱きつく。

すると、ドラゴンの姿が人間の女性に変わり、ドラゴンの鼻先を撫でていたはずが、気がつけばおっぱいを揉んでいた。

「お…お前、人間のクセに高貴なわらわに触れるなど!」

「この痴れ者がぁ!」

と怒ったドラゴンが吐き出した炎に襲われて人生終了。

と思いきや、気がつけば目の前に綺麗なエルフがいた。彼女は、一郎のことを「命の恩人さん」と呼んだ。

僕の異世界ハーレム

状況が把握できない一郎が事情を尋ねる。

この場所は、春風亭と言う名の峠の寂れた喫茶店。表向きはそうなっているけど、実は色宿だと言う。

一郎が目覚めた時に目の前にいたエルフは、娼婦のベルフッド。通称ベル。

ドラゴンに襲われていた2人組の女の子の片方が、サキュバスのジュノ。もう1人は人間でメイプルだと名乗った。

ベルは、ジュノとメイはまだ処女だとバラす。

サキュバスのジュノは、自分を高く売るために好きで処女をしていると恥ずかしそうに主張する。

人間のメイプルも少しでも高くしないと、流れ者の2人を拾ってくれたベルに恩返しができないと訴えた。

ベルは、辛気くさい話をしてしまったけど、一郎に買って欲しい訳じゃないからとフォローする。

一郎もこっちの通貨を持ってない、日本円はあるけどと話す。

僕の異世界ハーレム

すると、この世界では日本円は1円で金貨1枚の価値があると言う。

給料日だったから、今20万くらいあると一郎が話すのを聞いたメイプルが「私を買ってください!」と言い出した。

1円でいいと言って土下座するメイプル。

メイプルは借金のカタに売られた子で金利が払えなくなったら、1円の半分の銀貨50枚で買われてしまうとベルが事情を話す。

一郎は、自分の財布から五千円を取り出し、メイプルにあげた。

「いけません!何の対価もなくこんな大金いただけません!」

とお金を返そうとするメイプルに、一郎は僕を運んで介抱してくれたから。一宿一飯の恩義、困ったときはお互い様と言って、お金をあげた。

一郎の言葉を聞いて、メイプルとジュノの胸がときめく。

かっこいいことを言って、童貞卒業のチャンスを逃してしまった一郎。

「私たちがしたいなら別でしょ?」

と言って、女性達3人が胸をはだけて一郎の股間に手を伸ばしてきた―。

僕の異世界ハーレム

僕の異世界ハーレム
▼この続きは本編で▼

僕の異世界ハーレム
続きを読む

僕の異世界ハーレムの感想

弥美津峠(鳳まひろ)「僕の異世界ハーレム」の感想

流行りの異世界転生をした主人公が、異世界でハーレムHするエロ漫画。

憧れの異世界で、エルフ、サキュバス、人間の巨乳美人とハーレムSEX。

まさに理想郷!人間の世界に戻るのが嫌になりますねw

話単位で買う場合、エロ目的なら1話はプロローグでエロいシーンはないに等しいので、2話から購入する方が良いです。

モノクロ漫画ですが、絵が綺麗でセックス描写もエロいので、異世界エロが好きな人に向いてると思います。

僕の異世界ハーレム

僕の異世界ハーレム
▼作品はこちら▼

僕の異世界ハーレム
漫画を読む

僕の異世界ハーレムの作品情報

僕の異世界ハーレム

作品名

僕の異世界ハーレム

作者

弥美津峠(鳳まひろ)

ジャンル

ハーレム・巨乳・ファンタジー・エルフ・処女

あらすじ

異世界に転移したファンタジーオタクの一郎。

その世界は、日本の通貨がとんでもない高い価値を持つ世界で、一郎は金持ちになった。

色宿で借金のカタに買われそうになっていた女の子にお金を上げると、そのお礼に美女達がエッチしてくれることになって―!?

僕の異世界ハーレム

僕の異世界ハーレム
▼購入・販売サイトはこちら▼

僕の異世界ハーレム
無料立ち読み