みすずの部屋 3話のあらすじ・漫画の無料試し読み

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~ みすずの部屋

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

作者:べんぞう・外目黒

みすずの部屋 3話のあらすじ

引きこもりの妹みすずは、そろそろ有馬と二人っきりで会ってみる段階に入ったと説明を受けて、その言葉を素直に信じる兄。

兄が外出して、有馬とみすずが家の中で二人っきりになった。

再び、有馬の魔の手がみすずに伸びる。

兄にバラすと脅迫され、抵抗できないみすず。

服を脱がされ、乳首を舐められクンニされると、嫌なのに体は敏感に反応してしまって―。

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

▼ここから無料試し読み▼

みすずの部屋
無料試し読みする

みすずの部屋 3話のネタバレ

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

みすずの部屋の3話ネタバレ

兄は、妹のみすずに何が起こっているか知らなかった。

数日が経った頃、先輩の有馬にみすずと二人で会ってみるステップだと言われる。

他人と接する自信を持たせてあげるフェーズと説得されて、兄は何の疑いも持たずにその提案を受け入れた。

ある日の午後、有馬とみすずは二人っきりになった。

有馬がみすずの部屋を訪ねると、みすずはその場で固まったように動けなくなり、兄に助けを求めようとした。

「お兄ちゃんならいないよ」

「うそ…」

兄はさっき出掛けていったと話しながら、有馬はベッドにいるみすずの横に座る。

みすずは、ビクっと反応して、洋服のフードをグイっと目深に被って顔を隠した。

「帰って下さい」

「…それはダメだよ。分かってるでしょ?」

言わないで欲しいなら、最後までしないとね。と、セックスを強要される。

有馬は、みすずが穿いていたハーフパンツを一気に引きずり下ろした。

「!?」

「おじさん…やだっ…待って!!」

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

抵抗するみすずの声をスルーして、服をまくり上げ露わになったおっぱいを眺める。

「綺麗だし、年の割に大きいね」

「ちょ…ほんと やだ…」

みすずは恥ずかしそうに顔を真っ赤にする。

しかし、全然抵抗しないことを有馬に指摘されると、

「違う…ほんとに…!だめです…いやです…」

と行為を拒んだ。

「ほんとに?乳首勃ってるけど?」

有馬はそう言って、ピンク色のみすずの乳首をクリクリと指先で弄る。

「うう」

みすずの体は、びくびくと反応する。

もしかして、乳首弱い?固くなった乳首をレロレロと舐められて、

「…っ あん…」

と小さな喘ぎ声が漏れ始める。

アソコがじゅんっと濡れてきて、下着越しにれろっと舐められる。

「ダメですっ!汚い…から…」

「やん…」

「直接舐めるよ?」

パンツをズラして、クリトリスを直にペロっと舐められる。

「はぁあっ!んっ!」

みすずは、一際大きな喘ぎ声を上げて悶え始めた―。

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

みすずの部屋
▼この続きは本編で▼

みすずの部屋
続きを読む

みすずの部屋 3話の感想

べんぞう・外目黒「みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~」3話の感想

妹の引きこもりカウンセリングが順調に進んでいると勘違いしている兄。

しかし、妹みすずの性教育は着実に進んでますね。

3話では、乳首とクンニで感じまくって、初イキするみすずがエロかったです!

口では抵抗しながらも、体は素直に感じてしまう所がエロ可愛いですね。

兄にバラすかヤルかのどちらかと選択を迫られると、何も言えなくなって言いなりになる妹ってシチュエーションに興奮します。

そして、次回でついに初セックス&処女喪失か!?って流れなんで、4話も楽しみです!

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

みすずの部屋
▼作品はこちらから▼

みすずの部屋
漫画を読む