事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~エロ漫画の無料試し読み・ネタバレ【巨乳金髪美女が幽霊とSEX】ヨールキ・パールキ

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~ 異種姦・人外

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~」は、ヨールキ・パールキさんの幽霊エロ漫画です。

不動産屋で紹介された格安事故物件には何かが出る!?

金髪巨乳美人な留学生が幽霊とエロい共同生活を始める作品です。姿の見えない何者かとSEXしてイキまくるヒロイン姿がエロエロ!

事故物件で幽霊とH!?
事故物件×留学生

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~
▼ここから無料試し読み▼

事故物件×留学生
無料試し読みする

事故物件×留学生のエロ画像

事故物件×留学生のエロ画像。

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

幽霊相手にイキまくり!
▼続きはこちらから▼

事故物件×留学生
今すぐ読む

事故物件×留学生のネタバレ

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

事故物件×留学生のネタバレストーリー。

日本に来た金髪留学生のサーニャは、家賃の高さでなかなかアパートを見つけられずにいました。そこで不動産屋から提案されたのが、事故物件です。家賃は安いし学校からは遠くないしという事で、サーニャはそこに住む事にしました。

住み始めて数日間は、何もない穏やかな日々が続きました。しかし、サーニャは次第に淫乱な夢を見るようになりました。しかも決まって、挿入の直前で目が覚めます。

淫夢で体は火照ってるのに寸止めされ続けたサーニャは、オナニーで体を慰めます。しかしそれだけでは足りず、もっと太いのをいれたいと体は満足する事がありませんでした。

サーニャの不満を待っていたかのように、ある日、サーニャはふすまの中の暗闇に引き込まれます。

恐怖でいっぱいのサーニャでしたが、幽霊に犯されてすぐに体は満足していきます。なぜなら、サーニャは淫夢で体を開発され、幽霊はサーニャが望む事をやってくれるからでした。

それからサーニャは幽霊と上手く同居していきます。今日はいないのかな?と思ったらいきなりバックで挿入されたり、真夜中までセックスが続いたり…。

ヨールキ・パールキの『事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~』は、エッチシーン多めでセックス三昧です。

事故物件×留学生の感想

ヨールキ・パールキ「事故物件×留学生」の感想。

ホラー系エロマンガだと思ったら、全然怖くありませんでした。
幽霊というか、透明人間とセックスしてる感じです。そして、姿が見えないのでいきなりパンツをおろしてバックでついてくるといった即ハメが興奮しました。

また、不動産屋が契約更新のためにサーニャの家に来るのですが、その時も挿入中と幽霊ならではの良さもあります。

エッチシーンはかなり多いです。幽霊と同居で朝から晩までセックスしてるという話なので、エッチじゃないシーンなんていらないという人は『事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~/ヨールキ・パールキ作がお勧めです。

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

事故物件×留学生
▼この続きは本編で▼

事故物件×留学生
漫画を読む

事故物件×留学生の作品情報

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

作品名

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

作者

ヨールキ・パールキ

ジャンル

異種姦・幽霊・巨乳・金髪・オナニー・2穴攻め・ホラー・オカルト

あらすじ

幽霊と金髪美女がセックスに明け暮れる『事故物件×留学生』

日本にやってきた留学生、サーニャは不動産屋で家探しをしていました。しかしどこの物件も高く、事故物件に住む事に。

事故物件で最初のうちは何もなかったサーニャですが、次第に淫乱な夢を見るようになり、体が火照ります。それが何回も続き、ついに幽霊は現れるのでした。

そして、サーニャは幽霊とのセックスに明け暮れる日々を過ごし始めます。

『事故物件×留学生』の作者はヨールキ・パールキです。金髪美女が正体が分からない相手にあえぎ声をあげまくり、体を開発されていきます。
幽霊の話ですが、ホラーではないので怖くない話です。

各話タイトル

  • 1. 事故物件に住む留学生を襲う淫夢
  • 2. 淫らに開発された体を直接愛撫するのは…
  • 3. 溶ける理性―太いのを奥に打ち込まれて…
  • 4. 家中どこでも幽霊チ●ポにハメられる生活
  • 5. 幽霊チ●ポ&生チ●ポで2穴ズポズポ
  • 6. 淫声ひびく事故物件

事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~

事故物件×留学生
▼作品はこちらから▼

事故物件×留学生
無料試し読み