文学女子に食べられる2 エロ漫画の無料試し読み【隠れ肉食系女子の続編】ひまわりのたね(種乃なかみ)

文学女子に食べられる2 女子大生

文学女子の続編!
文学女子に食べられる2




▼ここから無料試し読み▼

文学女子に食べられる2
無料試し読みする

文学女子に食べられる2」は、ひまわりのたねさんの隠れ肉食系女子が童貞男子を食うエロ漫画の続編です。

文学サークルの後輩女子に焦らされて…

待ちに待ったSEXでより激しく優しく抱かれる!?

地味系だけど隠れ肉食な後輩文学女子に童貞の先輩が食べられる話の続きです。セックスを焦らされまくった後の濃厚なエロ展開で二人の愛が深まる作品です。

文学女子に食べられる2のエロ画像

文学女子に食べられる2のエロ画像。









▼続きはこちらから▼

文学女子に食べられる2
今すぐ読む

文学女子に食べられる2のネタバレ



文学女子に食べられる2のネタバレストーリー。

『文学女子に食べられる2(ひまわりのたね作)』ではなく、食べられ過ぎる2が相応しいマンガです。

耳フェチの文学後輩女子から好かれた童貞の僕は、彼女の部屋で情熱的なセックスを楽しみました。彼女は外見こそおとなしいのに、Sっ子だったようです。

次の日、あんなに愛し合ったのに彼女は何事もなかったかのようにサークルで本を読んでいます。
そして二人の関係は誰にも内緒で、週末だけ愛し合いましょうと彼女からメッセージが届き、僕と彼女は週末に向けて想いを募らせていくのでした。

待ちに待った週末です。彼女は相当たまってたようで「今日もいっぱい、可愛い顔を見せて下さい。」と耳打ちしてきます。
そして僕を乳首攻めし、同時に手コキをしてくれます。僕は前回同様、あえぎ声を出す事しかできません。

僕がイッた後に彼女が手にしたのは、ローターやバイブです。僕を愛するあまり、もっとエッチな事をしたくなったようです。

ローターで乳首攻め、手コキしながらアナルを舐めて攻めるなど、童貞を卒業したばかりの僕を果敢に攻めます。しかも愛情たっぷりに。

彼女の僕への想いはさらに深くなり、「好き!好き!好き!」や「可愛いっ!可愛いっ!可愛いっ!」「犯したい!犯したい!犯したい!」と彼女はさらに情熱的に僕を抱いてくれました。

文学女子に食べられる2の感想

ひまわりのたね「文学女子に食べられる2」の感想。

『文学女子に食べられる2(ひまわりのたね作)』では、後輩女子の僕に対する気持ちがエスカレートしていました。こんなに愛されている僕は幸せ者です。

あと、ちょっと変態ちっくな文学女子がエロいです。ローターで乳首攻め、アナル舐めとSっ気たっぷりですし、彼女自身も興奮してるのが変態っぽくて良かったです。

また、可愛い顔して大人のおもちゃを両手に持ちながら期待感を持つ顔をしてるのは、大人のおもちゃと幼い顔立ちにギャップがありました。これで先輩を攻めて..と想像してるのでしょう。幼い顔してとんでもない事を考えてるな!とド肝を抜きました。




▼この続きは本編で▼

文学女子に食べられる2
漫画を読む

文学女子に食べられる2の作品情報



作品名

文学女子に食べられる2

作者

ひまわりのたね

ジャンル

女子大生・黒髪・後輩・男性受け・逆レイプ・手コキ・フェラ・前立腺攻め・騎乗位・正常位・着衣SEX・中出し

あらすじ

優しく激しく文学女子に抱かれる話の『文学女子に食べられる』

童貞でおとなしい僕の筆下ろしをしたのは、文学サークルの後輩女子です。
僕も文学サークルに所属し、前からいいなと思っていながらも手をだせずにいたのです。それが彼女の方から誘ってくれて、僕はなすすべもなくイカされっぱなしでした。

その翌日、サークルには彼女がいつものようにいます。セックスは二人だけの秘密で、週末だけ激しく愛しあおうと言うのです。

そんな秘め事は彼女の愛情を加速させ、もっと激しく僕を抱くのでした。

ひまわりのたね先生の『文学女子に食べられる2』は、童貞を卒業したばかりの僕が食べつくされる話です。




▼作品はこちらから▼

文学女子に食べられる2
無料試し読み