文学女子に食べられるの同人誌 無料立ち読み【後輩女子が童貞を逆レイプ】ひまわりのたね(種乃なかみ)

文学女子に食べられる 女子大生

文学女子は隠れ肉食系?!
文学女子に食べられる

文学女子に食べられる
▼ここから無料立ち読み▼

文学女子に食べられる
無料立ち読みする

文学女子に食べられる」は、ひまわりのたね(種乃なかみ)さんの逆レイプ(男性受け)エロ漫画です。

後輩の文学女子に童貞男が食べられる!

前立腺まで攻められ、徹底的に搾られる!?

清楚な文学系後輩女子が童貞の先輩を徹底的に甘攻め!
男の方が受け身になって、アナル攻めなどアブノーマルなプレイでイカされる所がエロい純愛系のエロ作品です。

文学女子に食べられるのエロ画像

文学女子に食べられるのエロ画像。

文学女子に食べられる

文学女子に食べられる

文学女子に食べられる

文学女子に食べられる

文学女子に搾り取られて…
▼続きはこちらから▼

文学女子に食べられる
今すぐ読む

文学女子に食べられるのネタバレ

文学女子に食べられる

文学女子に食べられるのネタバレストーリー。

僕が所属する文学サークルは、おとなしい人が集まるサークルです。僕もおとなしい派で、いまだに童貞です。
だけど同じサークルの後輩女子が気になっていて、彼女をオカズにしてシコっています。

その後輩彼女が、なぜか僕を居酒屋に誘ってくれました。そして、居酒屋で二人っきりで飲むという夢のようなひとときを過ごします。

しかし、彼女からある告白が。それは、彼女は耳フェチで僕の耳が気になるんだそうです。しかも耳を舐めさせて欲しいと言われてしまいました。

断り切れずに後輩女子の家に行くと、彼女は耳をイヤらしく舐めます。そして、僕が彼女をオカズにしているのを知ってるとカミングアウトされます。

恥ずかしさとイヤらしさから勃起しっぱなしの僕のアレを、彼女は優しく触ります。しかもおっぱいを押し付けられて、我慢できずに僕は射精してしまいました。

それから彼女は僕に目隠しをし、テープで手足を拘束されてしまいました。もう僕は彼女のなすがままです。
ただ、彼女を感じるばかりです。優しく、ねっとり、時に激しくゆっくりと時間が過ぎていくのでした。

『文学女子に食べられる』は、ひまわりのたね先生が男性受け身の極上セックスを独特の世界観で描いてくれています。

文学女子に食べられるの感想

文学女子に食べられる

ひまわりのたね(種乃なかみ)「文学女子に食べられる」の感想。

『文学女子に食べられる』は、文学っぽく淡い雰囲気の中でセックスが行われています。
まるで二人しかいないような世界観が独特で、引き込まれていきます。ゆっくり時間が流れていくようなストーリー展開が、エロさを際立たせていました。

そして、このマンガはM男ならば全ての人に捧げたいほど男性受け身のストーリーです。僕は何にもしません。ただただ、後輩にされるがままです。

そして、言葉攻めをされるのを聞くだけです。僕にできるのはあえぎ声を出す事だけ。それで童貞を卒業できるので、M男ならば羨ましい限りで間違いなしでしょう。

文学女子に食べられる

文学女子に食べられる
▼この続きは本編で▼

文学女子に食べられる
漫画を読む

文学女子に食べられるの作品情報

文学女子に食べられる

作品名

文学女子に食べられる

作者

ひまわりのたね(種乃なかみ)

ジャンル

女子大生・黒髪・後輩・男性受け・逆レイプ・フェラ・前立腺攻め・着衣SEX・中出し

あらすじ

童貞で奥手の僕は大学生になってもその性格は変わらず、文学サークルに所属しました。文学サークルには同じようにおとなしい部員が多く、僕は似た者同士の一人の可愛い後輩が密かに気になっているのでした。

ある日、僕はその気になる後輩から居酒屋に誘われました。そして、後輩から耳フェチなのを告白されます。先輩の耳を舐めさせて欲しいと頼まれ、断り切れない僕は文学女子に食べられていくのでした。

これがひまわりのたね先生の『文学女子に食べられる』のあらすじです。後輩女子の部屋で、童貞の僕はたっぷりと攻められていきます。

文学女子に食べられる

文学女子に食べられる
▼作品はこちらから▼

文学女子に食べられる
無料試し読み